HOME > 消防団の任務
2019年05月18日更新
消防団員募集
12分団では、通常の消防団活動の他に、毎年 春に移動研修、秋にレクレーションがあります。
 春の移動研修では、各種研修や教養などで各自の技能をいっそう高め汗を流した後、夜はのんびり温泉で親睦を深めます。
また、秋のレクレーションでは、家族に感謝をこめてバーベキューなどみんなで楽しめることを企画します。
やるべき事は一生懸命考え、行動する12分団です。是非一緒に消防活動を通じ自分を高め、地域に貢献しましょう!

入団希望や12分団に対するご意見・ご質問は お問い合わせフォームよりお願いします。

地域と連帯した活動


防災活動




私たちが住む首都東京を襲う災害は近年、社会環境の変化などにともなって多様化、複雑化の傾向にあります。
加えて首都圏直下の地震発生が心配されている中で、救助や消火・避難誘導などの知識と技能を身につけた消防団員は、仕事や学業、家事などに従事しながら活動する非常勤特別職の地方公務員です。
「わがまちを災害から守る」という使命感のもと、地域のみなさんとのふれあいを大切にした地域防災の要としての消防団の活動は、災害に強い安全な街づくりの実現に欠かせない物です。

  東京消防庁のページ

東京23区の消防団について紹介されています。

主な年間行事


1.始式 
毎年1月に世田谷区民会館で行います。

2.消防操法大会
世田谷消防団全18分団による手引きポンプによる競技会。(2018年は第3位)

3.世田谷区三団合同点検
点検官が部隊検閲を行います。

4.歳末警戒
12月は特別警戒を行います。

5.その他
・地域の祭礼や行事の警戒
・救命講習会、訓練
・水防訓練、消防操法訓練
・地区防災
入団後の待遇
報酬などの支給
年間一定の金額が報酬として支給されるとともに、災害や訓練に出場した場合に手当が支給されます。また、5年以上勤務し退団した場合には退職報奨金が支給されます。

公務災害補償
消防団活動中に負傷した場合は、保障制度があります。

制服の支給
消防団活動に必要な制服が支給されます。

表彰制度
職務にあたって功労、功績があった場合は表彰されます。

消防団の任務
平常時

  • 火災から住民を守るための火災予防や広報活動
  • 地域の防災行動力を高めるための初期消火や応急救護などの指導
  • 地域の祭りなどの警戒
災害時

  • 消防署と連帯した消防活動
  • 住民の救助、救護活動や避難誘導
  • 逃げ遅れ者等の情報収集
  • 現場での広報及び鎮火後の警戒活動


子供消防団